スパークリング

日本でのワインの消費量

現在ワインは日本でもビールや日本酒と同じくらい高い人気を誇っており、知らない人はいない程です。
ワインの歴史は古く、さかのぼれば原始に行きつくほどの歴史を持っています。
もともとは外国でブドウの果実を原材料として作られていたアルコール飲料ですが、初めて伝来したのは戦国時代と言われ、醸造を始めたのは明治時代になります。
それまでは、遠く海外から船に乗ってやって来ていたのです。
日本製のワインを造ろうと、山梨県の山田宥教と詫間憲久らが醸造を試みたのが国産ワインの始まりです。
山梨の山ブドウを使って醸造を始めたのですが、商売は上手くいかず倒産の憂き目を見、そのまま消えて行ったのです。

また、フランスで本格的にワイン醸造を学んで来た土屋龍憲、高野正誠が宮崎光太郎を仲間にし、「大日本山梨葡萄酒会社」を設立しましたが、当時は日本の食卓に合わずに普及しませんでした。
砂糖を加えて飲みやすくし、滋養強壮酒として何とか飲まれていたのが当時の現状であったのです。
日本人がワインを日常的に飲み始めたのは戦後とごく最近の事です。
では、現在の日本人のワイン消費量はどうなっているのでしょうか?昭和39年の東京オリンピック開催から動きが見え、昭和45年の大阪万国博覧会から色々なブームを経て現在に至ります。
現在の成人の年間消費量は約31万キロリットルで、ボトルにすると4.1本になります。

さらに、赤ワインには、抗酸化作用に優れアンチエイジングに効果のあるポリフェノールの含有量が豊富なため、健康に気を使う人にも注目を浴び始めています。
しかし、昔に比べて消費量が増えたとはいえ、世界に比べればまだ日本の消費量は少ないといえるでしょう。
その背景には、日本には日本酒と言う日本独特の酒文化があったことが原因であると考えられています。
しかし、ワインは女性にとても人気があり、女性の社会進出によってその消費はますます増えていくだろうと予想されています。
ワインは確実に日本に浸透し、私たちの食卓を豊かにしてくれています。