スパークリング

手酌は禁止?ワインのマナー

皆さんは食事のマナーについてよくご存知ですか?接待や食事会などで高級レストランなどに誘われたとき、マナーを忘れてしまってヒヤッとした経験はありませんか?マナーは、食事の仕方の他にお酒の飲み方もあります。
特にワインなどは、実はよく飲み方が分かっていない方が多いと思います。
レストランでスマートにワインを頂くためのマナーをお教えします。
ワインを置くレストランにはソムリエがいます。
自分で注ぐのではなく、自分のテーブルを担当するソムリエやスタッフにお願いしましょう。
気軽に友達同士で飲むような場合は自分でお酌をするのもいいですが、レストランなどではそのような行為は控えたほうがよいでしょう。

また、種類が分からない場合は、恥ずかしがらずにソムリエに自分お好みを伝え、自分に合ったものを提供してもらいましょう。
ソムリエはワインの専門家です。
積極的に利用し自身の知識も増やしていきましょう。
また、ワインを注いでもらう時はグラスを持たないようにしましょう。
日本では、お酌をしてもらう時にグラスを持って注いでもらいますが、それはNG行為です。
さて、ワインを注いでもらって乾杯と行きたいところですがちょっと待って!グラスはとても繊細な作りです。

グラスとグラスを勢いよくぶつけると破損してしまう場合があります。
グラスを目のあたりまで上げてニッコリ「乾杯!」と言うのがスマートでしょう。
そして、グラスを持つときは、脚を持ちましょう。
グラスのふくらみを持って飲む姿がドラマなどではお馴染ですが、ふくらみの部分を持つと手の温度がワインに伝わってしまい、香りや味が変わってしまうからです。
ワインは温度や湿度にとても敏感な飲み物です。
美味しくいただくためにも、グラスの脚を持つようにしましょう。

また、ワインを注ぎたすタイミングとして、グラスの中が半分か1/3になったら注ぎ足しましょう。
もう満足、これ以上いらないと言う時は軽くグラスの上に指を添えてください。
それが「もう結構です」のサインです。
いかがですか?そんなに難しい事ではないと思います!これらを頭に入れて、ワインを楽しく飲んでください!