スパークリング

シャンパンとスパークリングワインの違い

発泡性のお酒や飲み物は、見た目も華やかで、パーティーや結婚式など、華やかな席に無くてはならないものです。
シャンパンなどはその代表格です。
最近では、お茶やジュース、日本酒までに炭酸を加えスパークリング○○といった商品も出てきており人気を博しています。

特にその中でもワインに炭酸を加えたスパークリングワインは、シャンパンと同じアルコール飲料になり、違いが分かりにくいですね。
では、シャンパンとスパークリングワインの違いとは何でしょうか。
ただのお酒に炭酸が入ったものがシャンパンではありません。
シャンパンは、瓶内二次発酵法で製造され、一度通常通りにワインを製造し、酵母と糖分を加え再び瓶に入れて再発酵させたものがシャンパンです。

よく、フランスのシャンパーに地方で作られるものをシャンパンと呼ぶという定義があると言われていますが、フランスで決められているAOC(原産地呼称統制法)にある製造法に厳密に従い、品質検査を受けて合格したものだけが「シャンパン」と呼ぶことができるのです。
そして、厳しい検査をくぐり抜け見事シャンパンになったものには必ず「champagne」と表記されていますので、スパークリングワインかシャンパンかを知りたいときは必ずラベルを見ましょう。
スパークリングワインとは、発泡するワインの事です。
シャンパンもスパークリングワインの仲間に入りますが、こちらは厳しい製造過程があります。
スパークリングワインはワインに炭酸を人工的に加えたものです。

また、タンクの中に密封し発酵した後に炭酸が抜けないように濾過機を通して瓶詰めしたものを言います。
様々な国で製造されており、イタリアではプスマンテ、ドイツではゼクト、スペインではカヴァと呼ばれています。
しかもシャンパンよりも値段も安く、味もたいして変わらないというメリットがあります。
しかし、値段は割高でもシャンパンにはシャンパンしかない風味があります。
自分のお気に入りを見つけてパーティーや食事会で楽しんでみるのもいいですね。